ぬいぐるみの病院:ジョイントの締めつけ

イギリスベアのスーティータイプ。

ジョイントが緩くなって、首が傾いてしまってました。

こんな感じ。

背中を開けて、ジョイントを締めていきます。

まずは背中を開けて、中綿を抜きます。

中綿はグレーの綿状の物でした。かなりかたく詰まっています。

ジョイントはこんな感じ。

まずは一番気になっていた首のジョイントを締めました。手脚のうち3本も緩いので、同じように締め上げます。

と、やってしまいました…腕のワイヤーを折ってしまいました。仕方ないので、ジョイントを交換します。

 肩を開けて、腕のジョイントを交換。

元の位置に取り付けました。

しっかり締め付けています。

全部のジョイントの締め上げが終わったら、中綿を元に戻します。綿自体に特に問題は見当たりませんでしたので、今回はオリジナルのものを戻しました。詰まっていた綿を全部元の状態に詰め込みました。

背中は通常の手縫い糸で綴じました。本体の素材がアートシルクという柔らかい生地なので、目附糸だと糸が目立ってしまいました。

耳も一部ほつれていたので、補修します。

黒の縫い糸で綴じつけました。

 耳完成。

これでお修理完了です。経年程度の状態までは持っていけたかなと思います。

可愛い子です。素敵なお家が見つかりますように。