修了しました。

美術館ボランティアの講習、無事に修了できました。

登録も済ませ、4月から館内ボランティアとして活動できます。

昨日は帰りによく行くカフェに寄って、お祝いランチしました。ケーキ付き。

講習は全体を通して、自分にとって興味深かったり、気持ちがわくわくするようなことが多く、今の自分はこういうことがしたい・興味があるんだなぁと自分で実感しました。

美術やデザイン的なことに本格的に興味を持ったのは大人になってからだったので、そういう学校教育を受けてないし、受けるための訓練を受けていないことがどうにもネックでした。短大(中退)はインテリアコースでしたが、当時は全然違うところを目指してたし、滑り止めで受けた学校だったのでそもそものモチベーションが低く、入ってから自分が絵が描けないことを思い出し、模型制作の課題にどこから手をつけていいのか全くわからないってなって、半年で行かなくなりました。美術的なことに対する知識が全く無かったのです。

プランを考えるのは楽しかったけど、先生が評価されたのは図面全体の絵画性で、長屋のプランなのに庭に平面的にフランス風庭園の装飾を美しく描いた絵が評価されて、あぁそういうことなの…と愕然としたものでした。今だったら評価のポイントは違うと思うけど。時代や環境が無かったのだと思います。

私は子どもの頃からは芸術的な環境に運がなかったけど、だからこそ子どもの頃に表現の自由であったり、自分が表現したものを認めてもらえる・批評されないことはすごく大事だと実感しています。美術館ではそういうところをすごく大事にされてるようで、あぁこういう環境で学びたいと思えました。

4月から実際に活動を始めて、どういう方向に向くかはわかりません。急に行かなくなることもあり得ます。

でも、少なくとも今は、美術館の活動で学んで、近い将来に自分の教室に反映できたらと思っています。