ぬいぐるみの病院:クリーニングと中綿の補充

見つけた時にはよく入荷している、こちらのタイプのスーティーちゃん。

オリジナルのお洋服も残っててよかったのですが、本体はダメージさんでした。

お洋服をずっと着ていたため、服の外と中の部分で色差が。

そして、手脚の中綿が折れてふにゃふにゃしている箇所があります。ボディも。

今回はクリーニングと中綿補充の作業を行っていきます。

まずはお洋服の洗濯から。洋服もやっぱり古ぼけていたので。

いいお天気の日に手洗いしました。

次に本体表面のクリーニング。

色差が出てしまったのは、日焼けと長年の汚れの蓄積だと思われます。

ただ、黒ずみが繊維に染み込んでしまっているため、拭き取りでは取れない可能性が。。

案の定、クリーニングしても、ほぼ変化はありませんでした。

ここは諦めます。

次にボディの綿詰めにかかります。

画像のように、押さえるとふにゃっとなる箇所が。

後から気づいたんですが、この子はジョイントが非常にかたく、ほぼ動かせないのですが、その状態でお洋服の脱ぎ着をさせていたため、手脚が折れたみたいです。各パーツのつけ根も。お洋服を着せてみて、わかりました。

頭以外の全てのパーツに中綿を補充します。

縫い合わせ部分を一部開いて、木毛を充填します。この子も中は木毛でした。

脚も同じく。脚は前にしか縫い合わせがなかったので、前を切開。

充填後の縫合はこんな感じで、ほぼ目立たないと思います。

最後にボディを。

ついでにジョイントを緩められたらと思って、ジョイント部分を確認してみたのですが、今のようなコッターピンではなく、太めのワイヤーをかたく締め上げて留められていたので、緩めることはできませんでした。

中綿は詰めすぎない程度に、しっかり充填しました。

縫合後。こちらもほぼ目立たないと思います。

作業終了。画像では見た目そんなに変わってないかな。

それでもお客様にご紹介できる状態には出来たかなと思います。

お洋服を着せて記念撮影。

お顔はにっこり笑顔で可愛いスーティーちゃん。お洋服もよく似合っています。

気に入ってくださる方が現れますように。